幸せの答え合わせ

幸せの答え合わせ

6.4(Fri.) キノシネマ他、全国順次公開
ムービー再生

INTRODUCTION

アネット・ベニング×ビル・ナイ×ジョシュ・オコナー
ゴールデングローブ賞に輝く俳優たちが紡ぎだす
ほろ苦くあたたかなリスタートの物語

アカデミー賞®4度ノミネート、ゴールデングローブ賞6度ノミネート&2度受賞を誇る『20センチュリー・ウーマン』の大女優アネット・ベニングと、『ラブ・アクチュアリー』で英国アカデミー賞に輝いた演技派俳優ビル・ナイが、結婚29年目に突然、夫の方から別れを切り出す夫婦を演じる。彼らの一人息子役に、Netflixの大ヒットシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子役を演じてゴールデングローブ賞を獲得、ロエベやブルガリのアンバサダーをつとめるなど、人気急上昇中の英国若手スター、ジョシュ・オコナーが扮するのも注目されている。

『グラディエーター』でアカデミー賞®脚本賞を受賞したウィリアム・ニコルソンが、自身の両親との実体験をもとに脚本を書き上げ自ら監督も手がけた。可笑しみと切なさの間を行ったり来たりする家族のリアルな台詞には、まるで自分の家族アルバムの1ページに出会ったように共感せずにはいられない。

夫のまさかの離婚宣言から始まった家族それぞれのリスタートが、人は何があっても光差す方へ必ずまた歩き出せると教えてくれる感動作。

STORY

29年間連れ添った夫からのまさかの離婚宣言
家族それぞれのリスタートの先に輝く光とは?

イギリス南部の海辺の町シーフォード。近くの崖下には「ホープ・ギャップ」と呼ばれる入り江が広がり、美しい景色が散策する者たちの心を癒してくれる。
この町で暮らすグレースとエドワードは、もうすぐ結婚29周年を迎えようとしていた。
仕事を引退したグレースは詩集の作成に時間を費やし、エドワードは高校で教師をしている。独立して家を出た一人息子のジェイミーが久しぶりに帰郷した週末、エドワードは突然、「家を出て行く」とグレースに別れを告げる。
その理由を聞いて耳を疑うグレースとジェイミー。絶望と怒りに支配される母を支えるジェイミーも、自身の生き方や人間関係を見つめ直していく。
3人それぞれの痛みはしかし、思いもしなかった明日を連れて来る――。

CAST

アネット・ベニンググレース・アクストン

1958年、アメリカ、カンザス州生まれ。『グリフターズ/詐欺師たち』(90)、『アメリカン・ビューティー』(99)、『華麗なる恋の舞台で』(04)、『キッズ・オールライト』(10)でアカデミー賞🄬ノミネーション4回、『華麗なる恋の舞台で』と『キッズ・オールライト』でゴールデングローブ賞2度受賞という輝かしい実績を持つ俳優。舞台でも活躍し、トニー賞にノミネートされる。
その他の代表作に、『大混乱』(88)、『恋の掟』(89)、『ハリウッドにくちづけ』(90)、『真実の瞬間(とき)』(91)、『心の旅』(91)、『バグジー』(91)、『めぐり逢い』(94)、『リチャード三世』(95)、『アメリカン・プレジデント』(95)、『マーズ・アタック!』(96)、『マーシャル・ロー』(98)、『IN DREAMS/殺意の森』(99)、『愛する人』(09)、『ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界』(12)、『ルビー・スパークス』(12)、『フェイス・オブ・ラブ』(13)、『あの日の声を探して』(14)、『Dearダニー 君へのうた』(15)、『ハリウッド・スキャンダル』、『20センチュリー・ウーマン』(16)、『リヴァプール、最後の恋』(17)、『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』(18)、『キャプテン・マーベル』(19)、『ザ・レポート』(19)、『ナイル殺人事件』(21)などがある。

ビル・ナイエドワード・アクストン

1949年、イギリス、サリー生まれ。輝かしい受賞経歴を誇る舞台及び映画俳優で、『ラブ・アクチュアリー』(03)で英国アカデミー賞、イブニング・スタンダード英国映画賞、ロンドン映画批評家協会賞、LA映画批評家協会賞、『ナターシャの歌に』(05)でゴールデングローブ賞を受賞する。また、『ある日、ダウニング街』(05)と『MI5:消された機密ファイル』(11)でゴールデングローブ賞にノミネートされる。舞台でも活躍し、ローレンス・オリヴィエ賞にノミネートされる。
その他の代表作に、『スティル・クレイジー』(98)、『ナイロビの蜂』(05)、『あるスキャンダルの覚え書き』(06)、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの『デッドマンズ・チェスト』(06)と『ワールド・エンド』07)、『ワルキューレ』(08)、『ターゲット』(10)、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(10)、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(11)とその続編『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』(15)、『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』(13)、『パレードへようこそ』(14)、『人生はシネマティック!』(16)、『切り裂き魔ゴーレム』(16)、『マイ・ブックショップ』(17)、TVシリーズ「アガサ・クリスティー 無実はさいなむ」(18) などがある。

ジョシュ・オコナージェイミー・アクストン

1990年、イギリス、チェルトナム生まれ。ブリストル・オールド・ヴィック演劇学校で俳優としての訓練を受け、映画、TV、舞台において批評家たちから高い評価を受ける。2016年にスクリーン・インターナショナルの「スター・オブ・トゥモロー」に選ばれ、主演を果たした『ゴッズ・オウン・カントリー』(17)で、英国アカデミー賞にノミネートされ、英国インディペンデント映画賞に輝く。さらに、TVシリーズ「ザ・クラウン」(19~20)でチャールズ皇太子役を演じ、ゴールデングローブ賞を受賞する。
その他の主な出演作に、『ライオット・クラブ』(14)、TVシリーズ「ピーキー・ブラインダーズ」(14)と「リッパー・ストリート」(14)、スティーヴン・フリアーズ監督の『疑惑のチャンピオン』(15)、メリル・ストリープ、ヒュー・グラント共演の『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(16)、TVシリーズ「レ・ミゼラブル」(19)、『EMMA エマ』(20)などがある。新作は、オリヴィア・コールマン、コリン・ファース共演の『Mothering Sunday』(21)。

STAFF

ウィリアム・ニコルソン脚本&監督

1948年、イギリス生まれ。ダウンサイド・スクールを卒業後、ケンブリッジ大学のクライスツ・カレッジで学ぶ。小説を執筆していたが、BBC TV局でドキュメンタリー映画制作に携わっている時にTVドラマの脚本を書くようになる。脚本を手掛けた代表的なTV作品に、英国アカデミー賞ドラマ賞を受賞した「ある作家と死」(86)などがある。まもなく映画界にも進出し、『永遠(とわ)の愛に生きて』(93)と『グラディエーター』(00)の脚本で、アカデミー賞🄬と英国アカデミー賞にノミネートされる。
脚本を手掛けたその他の代表作に、『サラフィナ!』(92)、『ネル』(94)、『トゥルー・ナイト』(95)、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(07)、英国アカデミー賞にノミネートされた『レ・ミゼラブル』(12)、同賞にノミネートされた『マンデラ 自由への長い道』(13)、『不屈の男 アンブロークン』(14)、『エベレスト 3D』(15)、『ブレス しあわせの呼吸』(17)などがある。1997年には、『ファイアーライト』の監督と脚本を手掛ける。