潜水艦クルスクの生存者たち

潜水艦クルスクの生存者たち

4.8(Fri.) キノシネマ他、全国順次公開
ムービー再生

INTRODUCTION

世界を揺るがした原子力潜水艦事故の《驚愕の実話》とは──?
豪華キャスト&製作陣が描き出す、衝撃と感動のヒューマンドラマ

 2000年にロシアで実際に起きた未曾有の原子力潜水艦事故を完全映画化。主人公の司令官ミハイルに扮したのは、『リリーのすべて』や『レッド・スパロー』で人気上昇中のマティアス・スーナールツ。妻ターニャ役には、『007』シリーズのボンドガールで有名となったレア・セドゥ。自身も出産を経験した直後、初の母親役に挑んだ。人命救助に奔走する英艦隊の准将デイビッドには、『英国王のスピーチ』のコリン・ファースが扮する。監督は『偽りなき者』やアカデミー賞(R)国際長編映画賞を受賞した『アナザーラウンド』のトマス・ヴィンターベア。脚本には『プライベート・ライアン』のロバート・ロダットを迎え、潜水艦クルスクに運命を翻弄された名もなき男たちの実話を、極上のエンタテインメントへと昇華させた。

STORY

残されたのは、わずかな酸素と希望だけ──

乗艦員118名を乗せた原子力潜水艦クルスクは軍事演習のため出航するのだが、艦内の魚雷が突然暴発、凄まじい炎が艦内を駆け巡る。次々と命を落とす惨状に直面したミハイルは、爆発が起きた区画の封鎖を指示し、部下と安全な艦尾へ退避を始めるが、艦体は北極海の海底まで沈没し、わずか23名だけが生き残った。
 海中の異変を察知した英国の海軍准将デイビッドは救援を表明するが、ロシア政府は沈没事故の原因は他国船との衝突にあると主張し、軍事機密であるクルスクには近寄らせようとしない。乗組員の命よりも国家の威信を優先する政府の態度に、ターニャたち家族は怒りを露わに抗議する。酸素が徐々に尽きていく中、果たして愛する家族のもとへ帰る事はできるのだろうか──

CAST

マティアス・スーナールツミハイル・アヴラン第7区画司令官

1977年12月8日、ベルギー生まれ。父ジュリアン・スーナールツが出演する舞台で子役としてキャリアをスタートし、『Daens(原題)』(92)で映画デビュー。アカデミー賞(R)外 国語映画賞にノミネートされた『闇を生きる男』(11)で世界中から注目を浴びる。『君と歩く世界』(12)では、その演技が評価されセザール賞有望若手男優賞を受賞。その後も、『リリーのすべて』(15)、『レッド・スパロー』(18)、『名もなき生涯』(19)、『オールド・ガー ド』(20)など話題作に多数出演。

レア・セドゥターニャ・アヴラン

1985年7月1日、フランス生まれ。『美しいひと』(08)でセザール賞有望若手女優賞にノミネートされ、『イングロリアス・バスターズ』(09)でハリウッドデビュー。『アデル、ブルーは熱い色』(13)では主人公を演じ、カンヌ国際映画祭では史上初めて出演俳優としてパルムドールを受賞した。『007 スペクター』(15)でボンドガールに抜擢され、『007/ノ ー・タイム・トゥ・ダイ』(20)にも出演。新作はウェス・アンダーソン監督の『フレンチ・ ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(21)。

コリン・ファースデイビッド・ラッセル准将

1960年9月10日、イギリス生まれ。TVドラマ「高慢と偏見」(95)で人気を集め、その後『恋におちたシェイクスピア』(98)、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ、『マンマ・ミーア!』など幅広く活躍。『シングルマン』(09)でアカデミー賞(R)主演男優賞にノミネートされ、『英国王のスピーチ』(10)で同賞に輝く。その他の出演作は『キングスマン』 シリーズ、『メリー・ポピンズ リターンズ』(18)、『1917 命をかけた伝令』(19)など。新作はジョン・マッデン監督の『オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―』(21)。

マックス・フォン・シドーウラジーミル・ぺトレンコ指令長官

1929年4月10日、スウェーデン生まれ。『第七の封印』(56)に出演以降、イングマール・ ベルイマン監督の作品に多数出演。『偉大な生涯の物語』(65)でアメリカに進出し、『エクソシスト』(73)で悪魔払いに挑む神父を演じ、強い印象を残す。『ペレ』(87)で、アカデミー賞(R)主演男優賞にノミネートされ、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (11)では、同賞の助演男優賞にノミネートされた。その他の出演作は『マイノリティ・リポート』(02)、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)など。

STAFF

トマス・ヴィンターベア監督

1969年5月19日、デンマーク生まれ。デンマーク国立映画学校を卒業後、『The Biggest Heroes(原題)』(96)で長編映画デビュー。『セレブレーション』(98)では、カンヌ国際映画祭審査員賞を始め数多くの映画賞を受賞。その後、デンマーク・アカデミー賞5部門に輝いた『光のほうへ』(10)や、アカデミー賞(R)外国語映画賞にノミネートされたマッツ・ミケルセン主演の『偽りなき者』(12)を手掛け、世界中から注目を集める。再びマッツ・ミケルセンとタッグを組んだ『アナザーラウンド』(20)は、アカデミー賞(R)国際長編映画賞を受賞。監督賞へのノミネートも果たした。

ロバート・ロダット脚本

1953年、アメリカ生まれ。脚本を手掛けた『プライベート・ライアン』(98)でアカデミー賞(R)脚本賞にノミネートを果たす。その他に、メル・ギブソン主演の戦争ドラマ『パトリオット』(00)の脚本、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(13)のストーリー原案、TVシリーズ「フォーリング スカイズ」(11~15)の脚本、製作総指揮を務めるなど幅広く活躍。