海辺の家族たち

海辺の家族たち

5.14(Fri.) キノシネマ他、全国順次公開
ムービー再生

INTRODUCTION

〈フランスのケン・ローチ〉と称えられる
ロベール・ゲディギャン監督の集大成

自身が生まれ育ったマルセイユ周辺を舞台に、労働者階級や移民など社会的に弱い立場の人々の人生を温かな眼差しで見つめ続け、〈フランスのケン・ローチ〉と称えられるロベール・ゲディギャン監督。

本国で半年以上のロングラン上映を成し遂げた大ヒット作『マルセイユの恋』や『幼なじみ』『キリマンジャロの雪』などで高く評価され、ベルリン、ヴェネチアや、審査員も務めたカンヌ国際映画祭の常連でもある名匠が、映画人生40年の集大成となる傑作を完成させた。

空と海を一望できる美しい入り江沿いにあり、かつては別荘地として賑わったが、今ではすっかり寂れた町で、過去にとらわれて絆を見失い、明日へと踏み出せない家族が描かれる。だが、彼らが〈人生を変える新しい出会い〉を受け入れたことで、再び未来が輝き始める。

こんな時代だからこそ、人と人の繋がりが何よりも大切だと、忘れられないラストシーンが教えてくれる感動作。今、世界が忘れた優しさが、ここにある。

STORY

マルセイユ近郊の海辺の家に、父との最期の日々を過ごすために集まる3人の子供たち
それぞれが胸に秘めた過去と向き合う時間を、漂着した難民の子供たちが思わぬ希望に変えていく──

パリに暮らす人気女優のアンジェルは、20年ぶりにマルセイユ近郊の故郷へと帰って来る。家業である小さなレストランを継いだ上の兄のアルマンと、最近リストラされて若い婚約者に捨てられそうな下の兄のジョゼフが迎えてくれる。兄妹3人が集まったのは、父が突然、倒れたからだ。

意識はあるもののコミュニケーションが取れなくなった父と、家族の思い出の詰まった海辺の家をどうするのか、話し合うべきことはたくさんあった。だが、それぞれが胸に秘めた過去が、ひとつひとつあらわになっていく。

昔なじみの町の人々も巻き込んで、家族の絆が崩れそうになったその時、兄妹は入り江に漂着した3人の難民の子供たちを発見する──。

CAST

アリアンヌ・アスカリッド三人兄妹の末っ子アンジェル

1954年、フランス・マルセイユ生まれ。学生時代に後に夫となるロベール・ゲディギャン監督と出会う。学生時代より女優として活動し、ゲディギャン監督のデビュー作『Dernier été』(80)ではヒロインを好演。『マルセイユの恋』(96)でセザール賞主演女優賞を受賞した他、『Gloria Mundi』(19)でもヴェネチア国際映画祭主演女優賞を受賞するなど、名実共にフランスを代表する女優の一人。

ジャン=ピエール・ダルッサン三人兄妹の次男ジョゼフ

1953年、フランス・クルブヴォア生まれ。ロベール・ゲディギャン監督作品の常連で、『マルセイユの恋』(96)ではセザール賞助演男優賞にノミネートされている。出演作品は『ロング・エンゲージメント』(04)、『ル・アーヴルの靴磨き』(11)など。

ジェラール・メイラン三人兄妹の長男アルマン

1952年、フランス・マルセイユ生まれ。ロベール・ゲディギャン監督の幼馴染みで監督作品の常連。出演作品は『マルセイユの恋』(96)、『キリマンジャロの雪』(11)、『セザンヌと過ごした時間』(16)など。

ジャック・ブーデ近隣住人マルタン

1939年、フランス・パリ生まれ。出演作品は『ニキータ』(90)、『マルセイユの恋』(96)、『マリー・アントワネットに別れをつげて』(12)、『シークレット・オブ・モンスター』(15)など。

アナイス・ドゥムースティエジョゼフの婚約者ヴェランジェール

1987年、フランス・リール生まれ。10代の頃からミヒャエル・ハナケ監督の『タイム・オブ・ウルフ』(03)などの作品に出演。ロベール・ゲディギャン監督作品は『キリマンジャロの雪』(11)に引き続いての出演となる。

ロバンソン・ステヴナンアンジェルに想いを寄せる青年バンジャマン

1981年、フランス・ロン=ル=ソニエ生まれ。出演作品は『デルフィーヌの場合』(98)、『ソン・フレール -兄との約束-』(03)など。ロベール・ゲディギャン監督作品は『キリマンジャロの雪』(11)に引き続いての出演となる。

STAFF

ロベール・ゲディギャン監督・製作・脚本

1953年、フランス・マルセイユ生まれ。学生時代に後に妻となるマリアンヌ・アスカリッドと出会う。80年、故郷であるマルセイユ近郊の港町エスタックを舞台にした『Dernier été』でデビュー。それ以降もマルセイユやその近郊を舞台とすることをスタイルとしている。96年の『マルセイユの恋』はセザール賞作品賞、監督賞の他7部門にノミネートされ、主演女優賞(マリアンヌ・アスカリッド)を受賞。監督作品は『幼なじみ』(98)、『キリマンジャロの雪』(11)など。最新作『Gloria Mundi』(19)もヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品している。社会問題を取り上げながら、労働者の視点で市井の人々を温かい眼差しで描き、“フランスのケン・ローチ”と呼ばれる。

COMMENT

山田洋次映画監督

美しい⼊り江の⼀軒家に集う家族が、憂鬱な時間を重苦しく過ごすうち、突如思いもかけぬ出来事が⽴ち上がり、未来が豁然と開けてくる―― この映画には思想がある。