ビースト

ビースト

10.15(Fri.) キノシネマ他、全国順次公開
ムービー再生

INTRODUCTION

なぜ、男たちは<正義>の果てに、<運命>を引き裂かれたのか─?
名優たちの魂が激突!韓国ノワールの極北にして新境地! 

 かつては互いを認め合い、正反対の性格ながらも相棒同士だった二人の刑事。事件解決のためなら手段を選ばないハンスと、冷静沈着なミンテは、昇進をかけて連続猟奇殺人犯を追っていた。だが、二人の執念と野心が激突した時、彼らの“正義”は思いもよらない破滅への引き金となって、自分たちの運命さえも標的にしてしまう…。いつから正義と信念は歪み始め、運命の歯車は狂い出してしまったのか?警察権力と裏社会、刑事と容疑者、約束と裏切り―。すべてが絡み合い、物語が運命的なフィナーレを迎える時、誰も予測できない驚愕の結末が待っている。
 ハンスを演じるのは『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』でその年の賞レースを席巻したイ・ソンミン。凄絶な男の生き様を見事に演じ切っている。かつての相棒ミンテには、 “カメレオン俳優”の異名をとるユ・ジェミョン。韓国の映画界・ドラマ界屈指の演技派の二人が、火花を散らして競演!さらに『名もなき野良犬の輪舞』のチョン・ヘジン、「明日に向かってハイキック」のチェ・ダニエルが集結。
 『ベストセラー』『さまよう刃』のイ・ジョンホ監督が、フレンチ・ノワールの傑作『あるいは裏切りという名の犬』を大胆に換骨奪胎。凄まじい緊張感を漲らせ、正義と悪の曖昧な境界でもがく<人間の業>を、スタイリッシュかつ壮絶なまでに描破した。心を抉る“本物”の衝撃作を前に、私たちは一瞬の身じろぎも許されない。

STORY

最大の闇は、己の正義。

 仁川(インチョン)で猟奇殺人事件が発生した。かつて相棒同士だった、捜査1班を率いるハンスと2班を率いるミンテは、昇進をかけて捜査に臨む。早々にハンスが容疑者を逮捕したが、冤罪を確信したミンテが独断で釈放したことで捜査は混迷を極め、また二人の溝は深まっていくのだった。
 その頃、情報屋のチュンべに呼び出されたハンスは、猟奇殺人事件の情報を提供する交換条件として、殺人の共犯になるように要求されていた。突然、ハンスの拳銃を奪い、待ち伏せていた男を射殺したチュンベ。予測不能の殺人事件に巻き込まれたハンスは、チュンベの隠蔽工作に加担することを余儀なくされる。
 チュンべからの情報でハンスが容疑者のアジトを突き止め、事件は解決へ向かうかに見えた。だが、チュンベと海に沈めたはずの車が引き揚げられ、凶器に使われた拳銃の銃弾が発見されてしまう。焦燥を募らせていくハンスの姿をミンテは怪しみ、疑惑の目を向け始める──。

CAST

イ・ソンミンハンス

1968年生まれ。舞台で活躍後、『シークレット・サンシャイン』(07)で注目を集め、その後、映画・テレビに数多く出演。国民的ドラマとなった「ミセン ―未生-」(14)のオ・サンシク課長役で高い評価を受ける。『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』(18)では、青龍映画賞や大鐘賞など多数の主演男優賞に輝き、演技派俳優としての名を確立した。
【主な出演作】
『さまよう刃』(14)、『群盗』(14)、『華麗なるリベンジ』(15)、『目撃者』(18)、『KCIA 南山(ナムサン)の部長たち』(19)

ユ・ジェミョンミンテ

1973年生まれ。舞台俳優として活躍後、『黒水仙』(01)で映画デビュー。以後、ドラマや映画作品に多数出演。日本でも大ヒットしたドラマ「梨泰院クラス」(20)、「ヴィンチェンツォ」(21)の他、「秘密の森」(17)、「刑務所のルールブック」(17)など、作品ごとにカメレオン役者の実力を発揮している。
【主な出演作】
『インサイダーズ/内部者たち』(15)、『隻眼の虎』(15)、『風水師 王の運命を決めた男』(18)、『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』(20)、『野球少女』(20)

チョン・ヘジンチュンベ

1976年生まれ。『殺す話』(97)で映画デビュー。一時女優業を休業するが、2013年に『テロ,ライブ』でスクリーン復帰を果たすと、以降、『情愛中毒』(14)、『いつか家族に』(15)、「秘密の森2」(20)など映画・ドラマに多数出演。『王の運命―歴史を変えた八日間』(15)では、青龍映画賞助演女優賞など複数の賞を受賞する。
【主な出演作】
『ロボット、ソリ』(15)、『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』(17)、『黄泉がえる復讐』(17)、『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』(19)、『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』(19)

チェ・ダニエルジョンチャン

1986年生まれ。2009年、ドラマ「明日に向かってハイキック」の外科医役で注目を集める。以来、アクションからロマンス、メロドラマ、スリラーまで様々なジャンルの作品に出演し、演技の幅を広げている。2020年には「サイコだけど大丈夫」にカメオ出演し話題を呼んだ。
【主な出演作】
『共謀者』(12)、『タイム・クライム』(13)、『技術者たち』(14)、『悪のクロニクル』(15)

STAFF

イ・ジョンホ監督

1975年生まれ。2010年、小説の盗作疑惑を題材にしたスリラー『ベストセラー』で監督デビューを果たし、批評家から高い評価を受ける。2014年には、東野圭吾の同名小説を映画化した作品『さまよう刃』を手がけた。同作品は、主人公の複雑な精神状態と社会問題を、スリラーというジャンルを強調する特徴を用いてスタイリッシュに描き出し好評を博した。